fc2ブログ

5月9日 遠いササゴイと「波の上のキネマ」のアカショウビン

猪名川のササゴイ
ササゴイササゴイTHD_5355

ササゴイDSC05421

ササゴイTHD_5360

ササゴイTHD_5369

ササゴイTHD_5381

ササゴイDSC05430

雨が多かったこのゴールデンウイーク、
鳥が見れないヒマな日に備えて久しぶりに地元の本屋さんを訪れてみると、
「波の上のキネマ」という文庫本が平積みになっていたので手に取ってみてみると、
地元尼崎の廃れた映画館の物語ということで、興味を持ったので購入して読んでみました。

読み始めて初めの方は、実際には存在しない、今のJR立花駅北商店街のはずれにあるという
映画館「波の上キネマ」の経営難に苦闘する館主の物語でしたが、
途中から、その映画館「波の上キネマ」を開設した館主の祖父の、
昭和初期の凄まじい人生の物語に突然切り替わりました。

騙されて、西表島の炭鉱で奴隷のように働かされる祖父の物語の詳細は割愛しますが、
その小説の中で、自らの悲惨な生活からのを脱出を試みる「合図」になる、
西表島に春を告げにやって来る、
私の大好きな、
アカショウビンの「キョロロロロローン」
という一節が心に物凄く響きました

一冊の小説の中で、我が町尼崎と私たちが大好きなアカショウビンの声とが結びつくとは!

ちょっと感動でした。

もしよろしければ御一読してください
素敵なラブストーリーです


スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

Secre

プロフィール

アマショウビン

Author:アマショウビン
兵庫県尼崎市在住の万年初心者夫婦の探鳥記録です。

一番好きな鳥の鳴き声はアカショウビンです。
2012年の6月、八東の森で、
小雨しょぼ降る薄暗い夜明け前の森に響き渡った、
初めて聞いたアカショウビンの悲しげな、
キョロロロロローン
の声は、一生忘れることが出来ません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ポチ
ポチポチ

鳥ランキング