遅刻気味のコルリ

週間天気予報が大外れの快晴の日曜日。
午前中所用があり、今日は昼からの登城。
秋の渡りが終われば来年の春まで見られない
昨日の綺麗なオオルリにもう一度逢いたくて配水池を訪れたものの、
タイミングが悪く、出会えず

ムクドリの集団の中に、コムクドリが一羽混じってるとの吉田さんの情報で、
修道館横で待機するも、待てど暮らせど現われず

今日遊んでくれたのは、
九月も下旬になったのに、いまだに飛騨の森でウロチョロしていた、
呑気なコルリの若様。

コルリ3699 (640x448)

コルリ3733 (640x448)

コルリ3728 (640x449)

コルリ3740 (640x448)

コルリ3765 (640x449)

コルリ3769 (640x448)

コルリ3783 (640x448)

コルリ3829 (640x450)




コルリと同じ茂みにいたヤブサメ
ヤブサメ3678 (640x449)




コサメビタキ
コサメビタキ3658 (640x448)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

アマショウビン

Author:アマショウビン
兵庫県尼崎市在住の万年初心者夫婦の探鳥記録です。

一番好きな鳥の鳴き声はアカショウビンです。
2012年の6月、八東の森で、
小雨しょぼ降る薄暗い夜明け前の森に響き渡った、
初めて聞いたアカショウビンの悲しげな、
キョロロロロローン
の声は、一生忘れることが出来ません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR