ハワイ探鳥記その11 キマユカナリア

キマユカナリア(Yellow-fronted Canary,セイオウチョウ、アトリ科)は、アフリカ中南部原産で1960年代に移入されたそうです。

キマユカナリヤ00 (720x504)

キマユカナリヤ000 (720x504)

キマユカナリヤ0 (720x718)

キマユカナリヤ1 (720x505)

カナリア諸島原産のカナリアとは別種の鳥だそうです。

キマユカナリヤ2 (720x540)

キマユカナリヤ5 (720x506)

日本での販売価格は7000円くらい

キマユカナリヤ9 (720x505)

カピオラニ公園では、冬の淀川のカワラヒワ並みにいてました。

キマユカナリヤ7 (720x505)

キマユカナリヤ6 (720x505)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

アマショウビン

Author:アマショウビン
兵庫県尼崎市在住の万年初心者夫婦の探鳥記録です。

一番好きな鳥の鳴き声はアカショウビンです。
2012年の6月、八東の森で、
小雨しょぼ降る薄暗い夜明け前の森に響き渡った、
初めて聞いたアカショウビンの悲しげな、
キョロロロロローン
の声は、一生忘れることが出来ません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR