ハワイ探鳥記その1 ショウジョウバト

大阪城ではおそらく春の渡りのクライマックスだったろう5月上旬に、
ハワイのオアフ島に旅行してきました。
探鳥した場所がワイキキ周辺だけだったので、ミツスイなどハワイの固有種の鳥との出逢いは残念ながらありませんでしたが、
出逢う鳥出逢う鳥の尽くがライファーだったので、満足度フルサイズの旅でした

初日、
飛行機ではほとんど眠れず、機内で観た「アナと雪の女王」の主題歌が頭の中でがんがんリフレインしていた私たちを、ホノルル空港で出迎えてくれたのが、

ショウジョウバト1

ショウジョウバト(Zebra Dove、ハト科)でした。

写真ではわかりませんが、日本のドバトのふた回りはちいちゃい、とっても可愛らしい鳩です。
体長は20cmくらいか。

ショウジョウバト2

地元では、この鳩をMcDonaldDove(マクドナルドバト)と呼んでいるそうです。
マクドの前でいっつもウロウロしている鳩だそうで

ショウジョウバト3

実際、ワイキキのショッピングセンターのフードコートで足元をうろちょろしてました。

1922年にオーストラリアから持ち込まれた外来種だそうです。
私たちが滞在したオアフ島のホノルル近辺で観られる鳥のほとんどは外来種で、
ハワイ諸島原産の鳥を観たいのなら、ハワイ島かカウワイ島に行けばいいとのことです。

ショウジョウバト4

公園にもいっぱいいました。

ショウジョウバト5



こちらはハワイのドバト

ドバト1 (720x477)

真っ白なのが多かったです。
ドバト3 (720x504)

ドバト2 (720x405)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

アマショウビン

Author:アマショウビン
兵庫県尼崎市在住の万年初心者夫婦の探鳥記録です。

一番好きな鳥の鳴き声はアカショウビンです。
2012年の6月、八東の森で、
小雨しょぼ降る薄暗い夜明け前の森に響き渡った、
初めて聞いたアカショウビンの悲しげな、
キョロロロロローン
の声は、一生忘れることが出来ません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR