FC2ブログ

12月22日 クロガモ

この日は午後から雨の予想だったので、朝から自転車で
クロガモが来ているという甲子園浜まで行ってきました。
曇天の中、クロガモはどこにいるのかさっぱりわかりませんでしたが、
偶然お会いした地元の顔馴染みのバーダーさんに、
「さっきまで寝てたけどたった今起きて泳ぎだしたよ」教えて頂き、
何とか見ることが出来ました(感謝)。
クロガモDSCN7441

全身真っ黒
クロガモDSCN7447

嘴が黄色で先っちょが黒い
クロガモDSCN7450

クロガモDSCN7452

クロガモ♂は少しの間近くを泳いでくれましたが、
クロガモDSCN7467

しばらくして沖の方に遠ざかって見えなくなりました。
クロガモDSCN7470
何はともあれライファーGET
クロガモDSCN7471


クロガモ♀は遠かった。。。(上はホオジロガモの♀かな?)
クロガモ♀DSCN7562
頭は黒褐色と汚白色のツートンカラー
クロガモ♀DSCN7567


ビロードキンクロはさらに遠かった。。。
ビロードキンクロDSCN7596

ビロードキンクロDSCN7589

↓何とか白い次列風切が写った!
ビロードキンクロDSCN7602

ビロードキンクロDSCN7600


ハジロカイツブリ
ハジロカイツブリDSCN7548
目が真っ赤
ハジロカイツブリDSCN7537

ウミアイサ♀
ウミアイサDSCN7424


ハマシギはうじゃうじゃ
ハマシギDSCN7518

ハマシギDSCN7515


ミサゴ
ミサゴDSCN7481

お昼前に撤収しました。
スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

12月21日 ハズレの草内

年も押し迫ったこの土曜日は、今年2月以来の京都草内の様子を見に行ってきました。
ここは乗車時間は長いですが、
最寄り駅から乗り換えなしで電車一本で行けて、
降りた駅からポイントまで近いので夫のお気に入りです。
狙いはタゲリとタシギのダブルT!

が、しかし、、、、
まだ早過ぎたのか、暖冬のせいなのか、はたまた進行中の農道の舗装工事のせいなのか、
広-----い田んぼをウロウロ歩いても、
ついにタゲリを見つけることが出来ませんでした。。。

ケリはいっぱいいてました。
ケリDSC_7410

ケリケリ鳴いてました
ケリDSC_7501

ケリDSC_7433


それならばと、三つの池でタシギを探しましたが、
残念ながら、見れたのは、

イカルチドリ
イカルチドリDSC_7372

イカルチドリDSCN1561


タヒバリ
タヒバリDSCN1582

タヒバリDSC_7477

タヒバリDSCN1584


クサシギ
クサシギDSC_7513

クサシギは久しぶり
クサシギDSCN1597

クサシギDSCN1600


ホオアカは見れなくてホオジロ
ホオジロDSC_7398

ホオジロDSCN1571


ノスリは見れなくてトビ
トビDSCN1591

ミヤマガラスは見れなくてハシボソガラス
ハシボソガラスDSC_7527


サッパリでした。。。
モズDSCN1575


ジョウビタキの声も聞こえなかった。。。
アオサギDSC_7507

歩き過ぎて疲れた。。。
ゆずDSCN1613
明日の日曜日はおそらく爆睡。。。

12月14日その2 ミヤコドリ

目標だったアボセットが、あっさりとお昼前に飛んで行ってしまい、
このまま帰ったら電車賃がもったいないような気がして、
天気もいいし、せっかくだから水門を通って対岸に渡り、
河口まで足を延ばしました・

河口近くにミヤコドリがいてました。
ミヤコドリDSCN7350 - コピー

久しぶり(^-^)/
ミヤコドリDSCN7352 - コピー

遠かったですが、
ミヤコドリDSC_7070 - コピー

ミヤコドリを見たのも約5年ぶり!
ミヤコドリDSC_7068 - コピー

ミヤコドリDSC_7090 - コピー

5羽くらいいてたようです
ミヤコドリDSC_7218

オラフの鼻
ミヤコドリDSCN7352 - コピー

めっちゃうれしかった!
ミヤコドリDSCN7388

ズグロカモメDSCN7390

ミヤコドリDSCN1518 - コピー


ハマシギはここにもたくさん来てました。
ハマシギDSC_7130


↓嘴が短いからミユビ?(シギチは苦手。。。)
ミユビシギ?DSCN1466


↓?
トウネンDSCN1479

↓これもよくわからない。。
キアシシギ?DSCN1492

キアシシギ?DSCN1493

キアシシギ?DSCN1499


↓ダイゼン(と思います)
ダイゼンDSCN1532

ダイゼンDSCN7414



チュウヒ
チュウヒDSC_7272

チュウヒDSC_7275


この日午前中は風も無く暖かかったですが、午後から風が吹き始めて寒くなってきたからほどほどにして撤収
松阪DSCN1474

松阪DSCN7360

楽しかった!
松阪牛IMG_0006


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

12月14日その1 ソリハシセイタカシギ

毎年、この季節は金剛山へ高山の野鳥たちに逢いに行くんですか、
残念ながら金剛山のロープウェイが止まっていて、行けそうもない。。。
それならばと、この日は、三重県の川の河口まで、
近鉄特急に乗って行ってきました。
アボセットDSCN1354

乗り鉄の奥様がもう一度見たいというアボセットに逢いに行きました。
アボセットDSCN1376

ソリハシセイタカシギは久しぶりでした。
アボセットDSCN1382

ほぼ5年振りです。
アボセットDSCN1389

ソリハシセイタカシギDSC_6409


同じ動作ばっかりだったアボセットは、
突然飛びだしました!
ソリハシセイタカシギDSC_6485

ソリハシセイタカシギDSC_6492


このまま遠い干潟まで飛んで行くのかーーー!!
ソリハシセイタカシギDSC_6504

ソリハシセイタカシギDSC_6508

ソリハシセイタカシギ2DSC_6510

左旋回
ソリハシセイタカシギDSC_6517

戻ってキターーーーーー!
ソリハシセイタカシギDSC_6528

ソリハシセイタカシギDSC_6529

着水
ソリハシセイタカシギDSC_6533

ソリハシセイタカシギDSC_6534

ソリハシセイタカシギDSC_6536


足が水色
ソリハシセイタカシギDSC_6637

その後再び池の中をウロウロして
ソリハシセイタカシギDSC_6578

お昼前に再び飛んで
ソリハシセイタカシギDSC_6918

ソリハシセイタカシギDSC_6921

隣の川に
ソリハシセイタカシギDSC_6965

そして、
ソリハシセイタカシギDSC_7012

遠くに行ってしまいました。
ソリハシセイタカシギDSC_7052


ズグロカモメはすぐ近くに浮かんでました。
ズグロカモメDSCN1398

ズグロカモメDSC_7047

ズグロカモメDSCN1397

ハマシギは足元に!
ハマシギDSCN1420

ハマシギDSC_6825

ハマシギDSC_6910


ミサゴ
ミサゴDSC_6585


カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリDSCN1456
続く。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

12月12日 クビワキンクロ♀

この日は夫は病院で検査のため有給休暇。
病院が終わった午後、教えていただいた迷鳥クビワキンクロを見に、
JR新大阪駅から北大阪急行に乗り換えました。

到着すると、クビワキンクロ♀は爆睡中でした。
クビワキンクロDSCN7225

でも、その特徴的な、盛り上がった後頭部で寝ててもすぐ見つかりました。
クビワキンクロDSCN7226

通称「ゴリラ頭」と呼ばれているそうです。
クビワキンクロDSCN7267

ホオジロガモの「おむすび頭」に似てますね。
クビワキンクロDSCN7274

クビワキンクロの♂には嘴先にはっきりした白い帯があるのが特徴らしいですが、
♀にも嘴先に白帯があるそうです。
クビワキンクロDSCN7232

クビワキンクロDSCN7294

日本では滅多に見られない珍鳥だそうです。
クビワキンクロDSCN7275

クビワキンクロDSCN7279

何はともあれライファーGET!
クビワキンクロDSCN7298

クビワキンクロDSCN7300

Nさん、ありがとうございました。
クビワキンクロDSCN7306

クビワキンクロDSCN7320

クビワキンクロDSCN7305

クビワキンクロDSCN7312



こちらは普通のキンクロハジロ
キンクロハジロDSCN7334

キンクロハジロ♀DSCN7333


アメリカヒドリも来てました。
アメリカヒドリDSCN7237


嘴の根本が黒いから純正か?
アメリカヒドリDSCN7238

アメリカヒドリDSCN7240

アメリカヒドリDSCN7252

アメリカヒドリDSCN7253


ヨシガモは今季初撮り
ヨシガモDSCN7255

まだナポレオンハットになっていない。
ヨシガモDSCN7249

ヨシガモDSCN7272

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

12月8日 キセキレイとツクシガモ

変わったキセキレイが出ていると教えて頂き、
久しぶりに京阪電車に乗って淀川河川敷に行ってきました。
キセキレイDSC_6102

キセキレイDSC_6062

喉に黒い輪っかがあり白い涎掛けをしているので、
マダガスカルキセキレイではないかと話題になっていました。
キセキレイDSC_6170

が、しかし、
現地のバーダーさんによると、普通の冬羽のキセキレイとの意見が有力でした。
キセキレイDSC_6197

マダガスカルキセキレイは喉の白い部分の面積がもっと広く、黒い輪っかももっと太いらしいです。
キセキレイDSC_6176

確かに、インド洋に浮かぶアフリカのマダガスカル島の固有種が、はるばる日本に飛んでくるなんて考えにくいですね。
キセキレイDSCN1204

昨年の秋のベンケイヤマガラ騒動を思い出しました。
キセキレイDSC_6394


こちらは日本固有種のセグロセキレイ
セグロセキレイDSC_6285

耳羽(ほっぺ)が黒い(←ハクセキレイとの識別ポイント)
セグロセキレイDSC_6288


ハクセキレイ

ハクセキレイDSC_6298

ハクセキレイDSC_6313


タヒバリ
タヒバリDSC_6316

セキレイ科の4種がいっぺんに見れるなんてさすが淀川ですね!
タヒバリDSCN1302

タヒバリDSCN1306


アオジの水浴び
アオジDSCN1265

アオジDSC_6223

イソシギ
イソシギDSCN1314

ホオアカは見れずにホオジロ
ホオジロDSCN1283


ツクシガモを見れたのはラッキーでしたo(^▽^)o
ツクシガモDSCN1275

ツクシガモDSCN1276

やはり奥様と一緒に探鳥すると出会い頭が多い\(^o^)/
ツクシガモDSCN1329

ツクシガモDSC_6282

ツクシガモDSC_6367

オカヨシガモ
オカヨシガモDSC_6295
ベニマシコも見れなかった。。。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

12月7日 ルリビタキ♀

この日は午後から用事があったので、午前中限定の探鳥。
珍しく朝早く出発してJR線に乗って、
夫一人、久しぶりに武田尾に訪れてきました。
(ちなみに奥様は毎年恒例の、高校時代からの親友たちと三田のアウトレットバーゲンでお買い物と女子会。。)

武田尾にはルリビタキがたくさん来てました。
ルリビタキ♀1DSC_5789

でも、
ルリビタキの♀型しか見れませんでした。。。
ルリビタキ♀1DSC_5801

ルリビタキ1
ルリビタキ♀1DSC_5816


ルリビタキ2
ルリビタキ♀2DSC_5825

ルリビタキ♀2DSC_5849

ルリビタキ♀2DSC_5855


青いのには逢えなかった。。。
ルリビタキ♀2DSC_5867


ルリビタキ3
ルリビタキ♀3DSC_5894

ルリビタキ♀3DSC_5903

ルリビタキ♀3DSC_5954

カケスがギャーギャー鳴いて飛び回ってましたが、見ただけで撮れず。。。
ミヤマホオジロはブッシュに飛び込む姿をチラ見ただけで撮れず。。。

アオジ
アオジDSC_5756


ホオジロ
ホオジロDSC_5969


エナガちゃん
エナガちゃんDSC_5990

ヒホヒホは声も聞こえなかった。。。
DSC_6004武田尾

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

12月1日 ミソサザイ

12月最初の日曜日は、午後から入院している親族のお見舞いに、病院へ行く予定だったんですが、
あまりにも天気が良かったので、敬愛するバーダーさんのブログを見て、
今年もミソサザイが来ていると知った服部緑地まで短時間限定で行ってきました。
ミソサザイDSC_5661

ミソサザイは、なかなかミルワームが撒かれた切り株には来てくれませんでしたが、
一時間ほどボォーと待ってたらヒョッコリと出てきてくれました。
ミソサザイDSC_5645

久しぶり(^-^)/
ミソサザイDSCN1162

尾羽の付け根が青く見える!
ミソサザイDSCN1164

図鑑で見てもミソサザイの青い羽のことは何も書いてない。。。
ミソサザイDSCN1168

ミソサザイDSCN1169


ルリビタキ(♀型)はワンチャンス!
ルリビタキDSC_5623

ルリビタキDSC_5632


アオジ
アオジDSCN1146

シロハラ
シロハラDSCN1128

ジョウビタキ
ジョウビタキDSCN1142

久しぶりにカワセミ
カワセミDSCN1125

ミコアイサは♀だけ
ミコアイサDSC_5583


ミコアイサDSCN1123


植物園には何もいませんでした。。。
服部植物園DSCN1114

今年は来ないのかな?
服部植物園DSCN1117

紅葉は綺麗でした。
服部植物園DSCN1119
キクイタダキやアオバトの情報も頂きましたが残念ながら時間切れ。。。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

アマショウビン

Author:アマショウビン
兵庫県尼崎市在住の万年初心者夫婦の探鳥記録です。

一番好きな鳥の鳴き声はアカショウビンです。
2012年の6月、八東の森で、
小雨しょぼ降る薄暗い夜明け前の森に響き渡った、
初めて聞いたアカショウビンの悲しげな、
キョロロロロローン
の声は、一生忘れることが出来ません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR