上高地探鳥記その4(7月16日続き) コマドリの輪唱

上高地二日目の続きです
ホテルに戻って朝食後、この日は梓川右岸を上流へ。
上高地IMG_20170716_090215

湿地帯の上に架かった細い木道を進んで行きましたが、、、
ハイカーの人が多くてゆっくり鳥を探せない。。。
上高地DSCN2060

オオルリやキビタキの声は聞こえましたが姿が見えない。
上高地IMG_20170716_090222

上高地IMG_20170716_104600_1

明神池
明神池IMG_20170716_111542

オシドリがいました
オシドリDSCN2354

嘴が赤っぽいから♂のエクリプスみたいです
オシドリDSCN2355

冬のオシドリの姿と全然違いますね
オシドリDSCN2359

オシドリDSCN2360

明神橋
明神橋DSCN2069

橋を渡って梓川左岸に。
アオジDSC_2033

明神館🚻を左に曲がると徳沢方面で、こちらも寄ってみたかったんですが、
天気予報が悪かったので右に曲がって下流の小梨平方面へ

しばらく歩いていくとコマドリの声が聞えてきました!
しかも一羽だけでなくあちこちで鳴き交わしてました!
夫婦二人で暗い森の斜面を目を凝らして探していると
いました!
コマドリDSC_2052

コマドリDSC_2055

地元の人にコマドリは声はよく聞こえるが見つけるのは難しいと聞いてて諦めかけてたんですが、
コマドリDSC_2088

めっちゃ嬉しかった
コマドリDSCN2088

一生懸命鳴いてました
コマドリDSC_2086

DSCN2373.jpg

コマドリDSCN2364

上高地の記事、もうちょっと続きます


スポンサーサイト

上高地探鳥記その3(7月16日) ミソサザイの囀り

上高地探鳥2日目は気合いを入れて朝4時に起床。
真っ暗な河童橋付近で鳥の声を探していると、
まずキビタキの声が聞こえてきて、しばらくしてヒンカラカラカラカラのコマドリの声が!
そのあとキセキレイやウグイスの声が賑やかに聞こえて来ました。
ワクワクしながら日の出を待ち朝食前に小梨平方面を散歩
河童橋IMG_20170716_050029

コマドリの声は有名ホテルの裏山の方から聞こえていましたが、全く見れそうにない
河童橋IMG_20170716_050515

シジュウカラ幼鳥
シジュウカラDSCN2322

キセキレイ
キセキレイDSCN2324

キャンプ場を訪れてみると、オオルリのきれいな囀ずりは聞こえるものの姿は全くみえず、
清水川DSCN2049

去年ここで営巣してたというカワガラスを探すも見つからず。
でもミソサザイが元気に囀ってました。
ミソサザイDSCN2326

目の前で鳴いてました
ミソサザイDSCN2327

登山客やハイカーを全く気にしてないようでした
ミソサザイDSCN2328

ミソサザイDSCN2329

ミソサザイDSCN2330

やっと撮れたウグイス
ウグイスDSC_1977

ウグイスDSC_1997

ウグイスDSCN2058

ウグイスDSCN2059

焼見橋付近から見た焼岳
焼岳IMG_20170716_061654_BURST003

梓川の中洲にイカルチドリがいました
イカルチドリDSC_1970

遠かったですが。。。
イカルチドリDSCN2337

イカルチドリDSCN2056


梓川IMG_20170716_061740

上高地探鳥記その2 オシドリの母子(7月15日後編)

上高地初日7月15日の続きです。
梓川左岸をさらに下流に進み、田代橋を過ぎると、
コガラの集団に出くわしました。
コガラDSC_1631

コガラDSC_1662

コガラDSC_1664

さらに大正池を目指して自然研究路の林間コースに進んでいくと、
ここでもキビタキが美しい歌を歌ってくれてました。
キビタキDSC_1674

キビタキDSC_1690

キビタキDSCN1990

自然研究路DSCN2303

自然研究路DSCN2001

自然研究路IMG_20170715_134918_1

ヒガラ
ヒガラDSC_1712

ヒガラDSC_1707

ゴジュウカラ幼鳥
ゴジュウカラDSC_1715

ゴジュウカラDSC_1718

たぶんサメビタキ
サメビタキDSCN1997

サメビタキDSC_1726

サメビタキDSC_1729

焼岳
焼岳IMG_20170715_140600

焼岳DSCN2304

大正4年の焼岳焼岳大噴火によってできたとという大正池
大正池DSCN2306

大正池DSCN2310

大正池DSCN2312

上高地DSC_1944

大正池DSCN2029

サルノコシカケDSCN2002

マガモ
マガモDSC_1760


オシドリの♀がいました
オシドリDSC_1783

オシドリDSC_1857


子連れでした。
オシドリDSCN2006

オシドリDSC_1881

オシドリDSC_1836


オシドリの赤ちゃん、めっちゃ可愛かったです!
オシドリDSC_1811

オシドリDSC_1831

オシドリDSC_1874

オシドリDSCN2015

オシドリDSCN2009


セキレイはキセキレイしか見れませんでした。
キセキレイDSC_1739


田代池
田代池DSCN2315

田代池IMG_20170715_150511_1

田代橋を渡って梓川右岸に出て帰途へ
アオジはあっちこっちに
アオジDSC_1938

ウェストンレリーフ
ウェストンレリーフDSCN2316

ウェストンレリーフDSCN2317

宿泊するホテルの側でもキビタキは歌ってました
キビタキDSCN2296


上高地IMG_20170715_173829
続く


上高地探鳥記 その1 キビタキのコンサート

7月の三連休を利用して信州上高地に遠征してきました。
上高地DSCN2288

芥川龍之介の作品で有名な河童橋
上高地IMG_20170715_111819_1

お昼前に現地に到着した初日は、午後から河童橋から梓川左岸を下流に向かいました。
水色の絵の具を流したような、これぞ「水色」と言うようがない、澄み切った美しい梓川
上高地DSCN1972

ウグイスの大合唱を聞きながら、川沿いを進んでいくと、
ホーホケキョに混じって、懐かしいキビタキの囀りが聞こえてきたので、
川沿いを離れ小道に入って森の中に攻め入ると
キビタキ♂が目の前で囀ってました。
キビタキDSCN1976

久しぶり(^-^)/
キビタキDSCN1979

愛想のいいキビタキは、目線で美しい歌を歌ってくれてました。
キビタキDSCN1980

まるでキビタキのコンサート会場にいるようでした
キビタキDSCN1981

大好きなキビタキの歌を目の前で聞くことが出来て、大感激でした
キビタキDSC_1577

この旅を企画してくれた奥様に大感謝です1
キビタキDSC_1578

キビタキDSC_1584

そんなキビタキやウグイスとは違う耳慣れない鳥の囀りもたくさん聞えてました。
アオジDSC_1599

正体はアオジでした。
アオジDSC_1612

上高地にはアオジがたくさん訪れてるようです
アオジDSC_1615

アオジDSC_1624

ウラジャノメていうんですか
ウラジャノメDSCN1989

花DSC_1671

上高地に記事、しばらく続きます(^-^)/

7月1日その2 東京ディズニーシーでオナガ

奥様はこの連休、職場の慰安旅行で東京ディズニーシーへ行ってきました。
ミッキーDSCN1940

ダッフィーDSCN1942

午前中はあまり天気は良くなかったそうです。
ダッフィーDSCN1941


オナガは雨が上がった夕方よく出てきてくれたそうです。
しかし、さすが人が多いせいか、なかなかシャッターチャンスはなかったそうで。。。
オナガDSCN1946

地面に落ちてたポップコーンをついばんだり、街燈に止まったりしてたそうです。
オナガDSCN1947

同行していた同僚たちも奥様と一緒に探してくれたそうです(^-^)
オナガDSCN1948

東京スカイツリー
スカイツリーDSCN1963

東京スカイツリーから見れた富士山
富士山DSCN1960

東京駅
東京駅DSCN1969

7月1日その1 蓬莱峡

奥様が一泊二日の東京旅行に旅立ったこの日は、
天気予報が大外れで朝から晴れ間が出て、夏日を記録する好天に。
夫は前々から行ってみたかった蓬莱峡に電車バスを乗り継いで行ってきました。
蓬莱峡DSCN2259

が、

しかし、、、

お目当ての鳥はさっぱり現れてくれず、、、
オオルリらしき青い鳥を目撃はしたものの一瞬だけで写真は撮れず、、、
キビタキらしきさえずりがよく聞えたもののさっぱり姿を見ることが出来ず、、、
写真を撮ることが出来たのはキビタキ?の幼鳥のみ。。。
キビタキDSCN2249

大雨覆と中雨覆の先端に淡褐色の班があるのでキビタキ幼鳥ですよね?
キビタキDSCN2246

胸に縦班もあるし
キビタキDSCN2252

キビタキDSCN2257


もうちょっと粘って探鳥したかったんですが、
大多田川DSCN2242


あまりの暑さに熱中症の危険を感じ、早々に撤退しました。
鳩DSCN2241
プロフィール

アマショウビン

Author:アマショウビン
兵庫県尼崎市在住の万年初心者夫婦の探鳥記録です。

一番好きな鳥の鳴き声はアカショウビンです。
2012年の6月、八東の森で、
小雨しょぼ降る薄暗い夜明け前の森に響き渡った、
初めて聞いたアカショウビンの悲しげな、
キョロロロロローン
の声は、一生忘れることが出来ません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR