上高地の野鳥のさえずり第4弾 コマドリ

コマドリDSCN2364b

コマドリのさえずり
スポンサーサイト

上高地の野鳥のさえずり第3弾 ミソサザイ

ミソサザイDSCN2327

ミソサザイのさえずり

上高地の野鳥のさえずり第2弾 キビタキ

キビタキDSC_2221

キビタキのさえずり

7月30日 武庫川のハヤブサ

武庫川にハヤブサが戻って来てると知り、
雨上がりの蒸し暑い日曜日の朝に見てきました。
ハヤブサDSCN2578

ハヤブサは遠い方の橋脚にいてました
ハヤブサDSCN2591

ハヤブサDSCN2589

遠い。。。
ハヤブサDSCN2611

ハヤブサはいきなり上流方面に飛び出し、しばらく行方不明になったんですが、
1時間ほどして帰って来ました。
スズメを捕まえてきたようです。
ハヤブサDSCN2649

ハヤブサDSCN2660

ここではハヤブサはよくセミを捕らえるところを見られてるそうですね
ハヤブサDSCN2670

こんだけセミが鳴いてたら餌には困らないですね
ハヤブサDSCN2677

ハヤブサDSCN2678

蒸し暑かったけど曇り空で助かった。
ハヤブサDSCN2713

お昼前にはカンカン照りになってきたので早々に撤収しました。
ハヤブサDSCN2717

お気に入りの場所
ハヤブサDSCN2730

ハヤブサDSCN2749

ハヤブサDSCN2750

上高地探鳥記最終日 7月17日

ダラダラと続けてきた上高地の記事も今回で終わりです。

上高地最終日のこの日は残念ながら朝から雨☂
夜明け前に聞こえていたコマドリの声も次第に聞こえなくなりました。

雨の河童橋(めっちゃ寒かったです)
河童橋DSCN2119

それでもさすがは晴れ女の奥様、ホテルでの朝食後には雨が上がり、青空も見えてきました
この日はお昼前に出発予定なので河童橋周辺での短い時間の探鳥でした。
キセキレイDSCN2148

宿泊していたホテルの裏で、キビタキの囀ずりがよく聞こえていたんですが見つけることができず、
かろうじてキビタキ♀だけ
キビタキ♀DSC_2274

久しぶりに、ヒィー ヒィー ヒィ- ケロケロケロ と地鳴きを聞かせてくれました
キビタキ♀DSC_2257

キビタキ♀DSC_2304

小梨平のキャンプ場では前日と同じ場所でミソサザイが元気に囀ってました。
ミソサザイDSCN2138

ミソサザイDSCN2144

ミソサザイDSCN2146

ミソサザイDSCN2147

その近くでオオルリの声が比較的低い所で聞えていたんですが、
夫婦二人して懸命に探しても、どうしても見ることができず。。
上高地三鳴鳥制覇は果たせませんでした。。。

蝶DSCN2151

蝶DSCN2153


ゴジュウカラが目立ってました
ゴジュウカラDSC_2503

ゴジュウカラDSC_2519

得意のポーズ
ゴジュウカラDSC_2525

ゴジュウカラDSC_2666

ゴジュウカラDSC_2605

コガラ
コガラDSCN2158

コガラDSC_2590

ヒガラの幼鳥?
幼鳥DSC_2420

シジュウカラ幼鳥
シジュウカラ幼鳥DSC_2577

コゲラ
コゲラDSC_2441
アカゲラは声は聴きましたが見ることは出来ませんでした。

コゲラDSC_2620

むむ?
キバシリ?DSC_2392


そして、他の鳥を探すの邪魔ばかりしてくれたウグイス。
ウグイスDSC_2358

この日もその美しい囀りで他の鳥たちの声を打ち消してくれてました。。
ウグイスDSC_2363

ウグイスDSC_2368

ウグイスDSC_2369


二泊三日の上高地の旅はあっという間に終わってしまいました。
穂高連峰IMG_20170717_103019

上高地MG_20170717_100449_3

今回は梅雨明け前の旅でしたが、地元のネイチャーガイドさんによると
一番のお勧めの時期は、5月中旬から梅雨入り前の新緑の季節だそうです。
上高地DSCN2399

また来てみたいなーー
焼岳DSCN2405

最後までご覧いただきありがとうございました\(^o^)/
焼岳IMG_20170717_102546
おしまい(^-^)/
ウグイスのさえずり

上高地探鳥記その5 (7月16日おまけ) ニホンザルの家族

上高地2日目、7月16日の続きの続きです。
コマドリの囀ずりを堪能したあと、天気予報が悪かったので
急いで梓川左岸を下り、河童橋まで戻ったんですが、
(奥様によると、その時いただいた五千尺ホテルのソフトクリームは無茶苦茶美味しかったそうです)
さすがは脅威の晴れ女の奥様。
天気はまだ持ちそうだったので、
昨日のキビタキポイントまで再び梓川左岸を下りました

途中で梓川の河原に猿の家族とおぼしき一団がいてました
サルDSC_2106

サルDSC_2116

サルDSC_2122


しきりに石をひっくり返して何かさがしてました
石DSC_2159

石DSC_2161

石DSC_2162

よっこいしょ
石猿DSC_2149

石猿DSC_2152

石猿DSC_2155

頭が河童のようですね
河童DSCN2091

芥川龍之介もこの猿を見て小説「河童」を着想したのでしょうか。。。
河童DSCN2100

キャアアアッーーーーーーーーーーーーー!
猿DSC_2173

(/∀\*)
猿DSC_2179

猿DSC_2183

何すんねん!
猿DSC_2186


この二匹は、じゃれあって
モンキーDSC_2188

河原の坂を転がり落ちてました。。。
モンキーDSC_2191

モンキーDSC_2193

モンキーDSC_2195

モンキーDSC_2196

モンキーDSC_2200

猿DSC_2206

モグラがいました。
モグラDSCN2102

モグラDSCN2103

キビタキは昨日と同じ場所で歌ってくれてました。
キビタキDSC_2210

キビタキDSCN2383

キビタキDSCN2112

キビタキDSCN2111

また秋に、大阪城で逢おうね!
キビタキDSC_2215

キビタキDSC_2218

遠くでカケスやホトトギスの声が聞ええるも見ることは叶わず。
期待したキクイタダキやキバシリにも逢えず。。
終いに雨が降り出してきて急いでホテルまで帰り、
上高地の長いようで短かった二日目は終わりました。。。
花DSCN2114

ようやく
TO BE CONCLUDED.

7月23日 コシアカツバメの赤ちゃん

(上高地の記事は一旦中断します。画像の整理が追い付かない(つД`)。
動画編集も手付かず。。。)
先月見に行った武庫川のコシアカツバメに
赤ちゃんが生まれていると知り、
この日の午後自転車で見に行ってきました。
コシアカツバメDSCN2476

喉から胸にかけての黒い縦班は親と一緒ですね
コシアカツバメDSChttp://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=348#N2480

コシアカツバメDSCN2485

コシアカツバメDSCN2500

コシアカツバメDSCN2495

コシアカツバメDSCN2517

巣立ちはまだかな~~(^o^)
コシアカツバメDSCN2520

コシアカツバメSCN2516

近くに、カワアイサの♀がいてました
カワアイサDSCN2468

可哀想に、武庫川の水は熱そうで丘に上がってました
カワアイサDSCN2473

カルガモが目立ってました
カルガモDSCN2532

こちらは子育ては完了したようですね。
カルガモDSCN2534

対岸ではチョウゲンボウがキョッキョッキョッ騒いでました。
チョウゲンボウDSCN2538

羽がボロボロのようでした。
チョウゲンボウDSCN2541

チョウゲンボウDSCN2558

上高地探鳥記その4(7月16日続き) コマドリの輪唱

上高地二日目の続きです
ホテルに戻って朝食後、この日は梓川右岸を上流へ。
上高地IMG_20170716_090215

湿地帯の上に架かった細い木道を進んで行きましたが、、、
ハイカーの人が多くてゆっくり鳥を探せない。。。
上高地DSCN2060

オオルリやキビタキの声は聞こえましたが姿が見えない。
上高地IMG_20170716_090222

上高地IMG_20170716_104600_1

明神池
明神池IMG_20170716_111542

オシドリがいました
オシドリDSCN2354

嘴が赤っぽいから♂のエクリプスみたいです
オシドリDSCN2355

冬のオシドリの姿と全然違いますね
オシドリDSCN2359

オシドリDSCN2360

明神橋
明神橋DSCN2069

橋を渡って梓川左岸に。
アオジDSC_2033

明神館🚻を左に曲がると徳沢方面で、こちらも寄ってみたかったんですが、
天気予報が悪かったので右に曲がって下流の小梨平方面へ

しばらく歩いていくとコマドリの声が聞えてきました!
しかも一羽だけでなくあちこちで鳴き交わしてました!
夫婦二人で暗い森の斜面を目を凝らして探していると
いました!
コマドリDSC_2052

コマドリDSC_2055

地元の人にコマドリは声はよく聞こえるが見つけるのは難しいと聞いてて諦めかけてたんですが、
コマドリDSC_2088

めっちゃ嬉しかった
コマドリDSCN2088

一生懸命鳴いてました
コマドリDSC_2086

DSCN2373.jpg

コマドリDSCN2364

上高地の記事、もうちょっと続きます


上高地探鳥記その3(7月16日) ミソサザイの囀り

上高地探鳥2日目は気合いを入れて朝4時に起床。
真っ暗な河童橋付近で鳥の声を探していると、
まずキビタキの声が聞こえてきて、しばらくしてヒンカラカラカラカラのコマドリの声が!
そのあとキセキレイやウグイスの声が賑やかに聞こえて来ました。
ワクワクしながら日の出を待ち朝食前に小梨平方面を散歩
河童橋IMG_20170716_050029

コマドリの声は有名ホテルの裏山の方から聞こえていましたが、全く見れそうにない
河童橋IMG_20170716_050515

シジュウカラ幼鳥
シジュウカラDSCN2322

キセキレイ
キセキレイDSCN2324

キャンプ場を訪れてみると、オオルリのきれいな囀ずりは聞こえるものの姿は全くみえず、
清水川DSCN2049

去年ここで営巣してたというカワガラスを探すも見つからず。
でもミソサザイが元気に囀ってました。
ミソサザイDSCN2326

目の前で鳴いてました
ミソサザイDSCN2327

登山客やハイカーを全く気にしてないようでした
ミソサザイDSCN2328

ミソサザイDSCN2329

ミソサザイDSCN2330

やっと撮れたウグイス
ウグイスDSC_1977

ウグイスDSC_1997

ウグイスDSCN2058

ウグイスDSCN2059

焼見橋付近から見た焼岳
焼岳IMG_20170716_061654_BURST003

梓川の中洲にイカルチドリがいました
イカルチドリDSC_1970

遠かったですが。。。
イカルチドリDSCN2337

イカルチドリDSCN2056


梓川IMG_20170716_061740

上高地探鳥記その2 オシドリの母子(7月15日後編)

上高地初日7月15日の続きです。
梓川左岸をさらに下流に進み、田代橋を過ぎると、
コガラの集団に出くわしました。
コガラDSC_1631

コガラDSC_1662

コガラDSC_1664

さらに大正池を目指して自然研究路の林間コースに進んでいくと、
ここでもキビタキが美しい歌を歌ってくれてました。
キビタキDSC_1674

キビタキDSC_1690

キビタキDSCN1990

自然研究路DSCN2303

自然研究路DSCN2001

自然研究路IMG_20170715_134918_1

ヒガラ
ヒガラDSC_1712

ヒガラDSC_1707

ゴジュウカラ幼鳥
ゴジュウカラDSC_1715

ゴジュウカラDSC_1718

たぶんサメビタキ
サメビタキDSCN1997

サメビタキDSC_1726

サメビタキDSC_1729

焼岳
焼岳IMG_20170715_140600

焼岳DSCN2304

大正4年の焼岳焼岳大噴火によってできたとという大正池
大正池DSCN2306

大正池DSCN2310

大正池DSCN2312

上高地DSC_1944

大正池DSCN2029

サルノコシカケDSCN2002

マガモ
マガモDSC_1760


オシドリの♀がいました
オシドリDSC_1783

オシドリDSC_1857


子連れでした。
オシドリDSCN2006

オシドリDSC_1881

オシドリDSC_1836


オシドリの赤ちゃん、めっちゃ可愛かったです!
オシドリDSC_1811

オシドリDSC_1831

オシドリDSC_1874

オシドリDSCN2015

オシドリDSCN2009


セキレイはキセキレイしか見れませんでした。
キセキレイDSC_1739


田代池
田代池DSCN2315

田代池IMG_20170715_150511_1

田代橋を渡って梓川右岸に出て帰途へ
アオジはあっちこっちに
アオジDSC_1938

ウェストンレリーフ
ウェストンレリーフDSCN2316

ウェストンレリーフDSCN2317

宿泊するホテルの側でもキビタキは歌ってました
キビタキDSCN2296


上高地IMG_20170715_173829
続く


プロフィール

アマショウビン

Author:アマショウビン
兵庫県尼崎市在住の万年初心者夫婦の探鳥記録です。

一番好きな鳥の鳴き声はアカショウビンです。
2012年の6月、八東の森で、
小雨しょぼ降る薄暗い夜明け前の森に響き渡った、
初めて聞いたアカショウビンの悲しげな、
キョロロロロローン
の声は、一生忘れることが出来ません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR