FC2ブログ

7月13日 カイツブリの赤ちゃん

何週間か前、舞子浜のコアジサシの赤ちゃんを見に行った時にお会いした、
明石の鳥友さんに教えていただいた、ヨシゴイが来ているらしい大久保茜の池に、
この日、ようやく訪れることが出来ました。

が、しかし、、、
小雨しょぼ降る中、
見ることが出来たのは、ゴイサギでした。。。
ゴイサギDSCN6226 - コピー

残念でしたが、
この池ではあちらこちらでカイツブリの子育ての様子を見ることが出来ました。
カイツブリDSCN6260

カイツブリDSCN6263

隣りの池では、大きくなったカイツブリの赤ちゃんが、親の背中に乗ろうとしてましたが、
大きくなり過ぎて背中に乗せてくれません。。。
カイツブリDSCN8349

カイツブリDSCN8344

カイツブリDSCN6255

カイツブリ2DSCN8352

カイツブリDSCN6253

カイツブリDSCN8343

カイツブリ2DSCN8350

カイツブリDSCN6230 - コピー - コピー

カイツブリDSCN6231 - コピー - コピー

カイツブリDSCN6287 - コピー - コピー

カイツブリDSCN6294 - コピー - コピー

こちらはまだ抱卵中?
カイツブリDSCN8309 - コピー - コピー


カルガモDSCN8367 - コピー


バンDSCN6282 - コピー

バンDSCN6301 - コピー
スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

7月26日 二年ぶりのウミスズメ

この日奥様は有給休暇。
朝のうちに家の用事をいろいろと片付けて、
明石の海に出没しているという
ウミスズメの様子を山陽電車に乗って見に行ってくれました。
伝聞によると、ウミスズメは神出鬼没でどこに出るかわからないらしいのですが、
奥様も、現地に到着しても広くてなかなか見つからなかったらしいです。

熱中症になりかけながら、しばらく海辺をさまよってると、
遠くの対岸付近に、ウミスズメを発見!
ウミスズメDSCN0112

ウミスズメはプカプカ浮かんでました。
ウミスズメDSCN0120

ウミスズメDSCN0117

慌てて汗だくになりながら橋を渡ってみたものの、ウミスズメは遠ざかってしまったようです。。
ウミスズメDSCN0127

ペットボトルの水を頭からかぶりながら、ウミスズメ観察を続けたという
奥様の探鳥根性には敬服せざるをえません。。。、
ウミスズメDSCN0129

成鳥だそうですが、二年前に垂水漁港でみたのとやはり違いますね。
ウミスズメDSCN0134

ウミスズメDSCN0135

ウミスズメ2DSCN0132
粘れば近くで見れたようですが、あまりの暑さに耐えきれず、
撮影は一時間ほどで切り上げたそうです。


ウミネコはニャーニャー鳴いてたそうです。
ウミネコDSCN0109

ウミネコDSCN0108

ウミネコCN0106

オオバンは久しぶり。
オオバンDSCN0110

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

12月17日 シノリガモとミミカイツブリ

この日曜日は、用事があって探鳥に行けない予定だったんですが、
前日きずきの森で、山陽電車沿線に出現しているという、シノリガモの情報をいただき、
夫は奥様にお願いして、独り明石まで行かせてもらいました。
シノリガモDSCN5716

シノリガモDSCN5717

図鑑で見るシノリガモとずいぶん違いますね。。。
シノリガモDSCN5749

シノリガモDSCN5746

♂第1回冬羽のようですね。
シノリガモDSCN5765

シノリガモDSCN5769

何はともあれライファーGET!
シノリガモDSCN5771

シノリガモDSCN5783

♂の特徴は、耳の後ろの丸い白班とその後ろ下の縦長の白班らしいですね。
シノリガモDSCN5731

♀は目の前にも一つ白班があるらしいです。
シノリガモDSCN5782

よく潜ってました。
シノリガモDSCN5760

シノリガモDSCN5784


シノリガモDSCN5836


ミミカイツブリは遠かった。。
ミミカイツブリDSCN5902

ミミカイツブリDSCN5905

ミミカイツブリDSCN5909

ミミカイツブリはほぼほぼライファーです。
ミミカイツブリDSCN5914

甲子園浜で見たときは証拠写真にもならなかった。
ミミカイツブリDSCN5918

ミミカイツブリDSCN5921

ミミカイツブリDSCN5955

ミミカイツブリDSCN5958


ホオジロガモ♂は色が出ない。。。
ホオジロガモDSCN5845

ホオジロガモDSCN5855

ホオジロガモDSCN5864

ホオジロガモDSCN5868

ホオジロガモDSCN5869


ウミアイサ♀も逆光でした。。
ウミアイサDSCN5965 - コピー

ウミアイサDSCN5977

ウミアイサDSCN5973



ユリカモメDSCN5834

魚住DSCN5829

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

4月1日 山陽沿線鳥巡りその1 シマアカモズ

4月最初の鳥見は、今話題の明石のシマアカモズ。
久しぶりに山陽電車に乗って行ってきました。
教えていただいたポイントに到着するとカメラマンは8人ほど。
シマアカモズはあっさりと出てました。
シマアカモズDSCN0540 - コピー

シマアカモズDSC_1794 - コピー (2) - コピー

ライファーGET!
シマアカモズDSC_1785

シマアカモズDSCN0543 - コピー

シマアカモズDSC_1883

シマアカモズDSCN0575

シマアカモズDSC_1823 - コピー (2) - コピー

シマアカモズDSCN0560 - コピー

近くにイソヒヨドリのペアがいてました
イソヒヨドリDSCN0566

イソヒヨドリ♀DSCN0571

イソヒヨドリDSCN0567

イソヒヨドリ♀DSCN0565

シマアカモズが思ったより早く片付いたので、お昼御飯に駅前で美味しい明石焼きをいただいた後、
午後から4駅向こうの浜の宮へ。
カササギはすぐに見つかりましたが、高い松の木からなかなか降りてくれず、
厄介な所ばっかり止まってました
カササギDSCN0592

カササギDSCN0578

カササギDSC_2040

カササギDSC_1971

カササギDSC_2103

奥様が探してくれたハチジョウツグミ
ハチジョウツグミDSCN0615

ハチジョウツグミDSCN0608

ハチジョウツグミDSCN0611


桃DSCN0611 (1)

桃DSCN0620
プロフィール

アマショウビン

Author:アマショウビン
兵庫県尼崎市在住の万年初心者夫婦の探鳥記録です。

一番好きな鳥の鳴き声はアカショウビンです。
2012年の6月、八東の森で、
小雨しょぼ降る薄暗い夜明け前の森に響き渡った、
初めて聞いたアカショウビンの悲しげな、
キョロロロロローン
の声は、一生忘れることが出来ません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR